特定調停メリット

特定調停のメリット

 

 

特定調停のメリットは、

 

  • 手続きが比較的簡単で裁判所が判断してくれる
  •  

  • 費用が他の手続きにくらべて安くすむ
  •  

  • 債権者からの取り立てが停止する
  •  

  • 話し合い、合意による穏やかな解決方法である
  •  

     

  • 債権者には、調停手続きが終了するまでは、裁判所の権限によって民事執行(不動産や給料の差し押さえ)が法律で禁じられているため安心して過ごせます
  •  

     

 

ギャンブル等が原因の借金ですと手続きが困難ですが、特定調停は借金の原因に関係なく手続きできるのがうれしいですね

 

資格制限もないので自己破産すると復帰が出来ない警察官でも利用することが出来ます。

 

そして債権者には債権債務の内容や原因を明確にすることも義務づけられていますし、調停手続きが終了するまでは、裁判所の権限によって民事執行(不動

 

特定調停は経済的に困窮しているなどの特定債権者が対象です
特定調停は収入があることを前提にしてその収入の一部を返済金とすることを前提としていますので
全く収入のない人の倍医には自己破産か任意整理を選択した方がよい場合もあります

 

収入があっても少なく返済期間が長期に及ぶことが予想される場合、調停の成立は困難であり、他の手段によるのがよいでしょう
自己破産は資格制限、会社の取締役になれないなどのデメリットがありますから注意が必要です

 

特定調停のメリット関連ページ

特定調停とは?
特定調停のデメリット