特定調停デメリット

特定調停デメリット

 

 

特定調停のデメリットには

 

  • 特定調停では借金が免責、なくなるわけではない
  •  

  • 合意ができなければ調停は不成立となる
  •  

  • 調停調書は確定判決と同一の効果があり、約束を守らなければ強制執行される場合がある
  •  

 

特定調停を申し立てる申立書の他にも、手続きが債権者ごとに行われるので、その分書類も各債権者ごとに作成するなど多くの書類が必要になってきます。
数々の申し立ての書類の作成や、債権者との話し合いのための出廷も全て自分で行わなければなりません。

 

特定調停が成立するかどうか

 

特定調停はあくまでも調停の1種なので相手との合意が必要です
従って合意する見込みがあるのかどうか検討しておく必要があります

 

調停では債務額、返済猶予、毎月の返済額、返済期間などが問題となりますが債務額が多く収入が少なく、さらに貸金業者が強行な場合、
調停成立見込みが少ない場合があります

 

調停が不成立になると他の借金整理の手段を考えることにより、最初から任意整理や自己破産といった手続きで借金の整理をしたほうが
よい場合もあります
ただし調停を申し立てることにより、借金の取り立ても止まったり、専門家の判断がわかるので利用する価値はあります

 

 

 

 

 

特定調停のデメリット関連ページ

特定調停とは?
特定調停のメリット