借金 利息

借金の利息を払うのに疲れたときは債務整理で解決!

 

 

 

お金を借りたら返済する事は当然の義務であり、勿論キャッシング申込みをする時にはきちんと返済をする積りで借りる方が殆どでしょう。実際に長い期間継続して少しずつ返済をしているという方も多いと思いますが、それでもいくら返済しても借金がなくならない等、借金を払うのに疲れたという事もあるでしょう。

 

そんな時には弁護士に債務整理相談をする事をお勧めします。相談をする事によってまずは過払い金が戻ってくる可能性を考えて貰う事ができます。過払い金とは「払い過ぎた借金の利息」の事で、利息制限法で定められている上限金利を超えて既に支払った借金の利息を返還して貰えるのです。

 

弁護士の相談の方法は電話で無料相談を受ける事もできますが、無料メール相談が24時間できる事も多いです。債務整理には過払い金請求をして借金を減額できる任意整理と、住宅ローン等の支払いをしながら借金の方は元金を少なくして貰う個人再生、借金の返済をなくす自己破産があります。

 

利息の引き直しにより過払い金を整理した後に、3年から5年の間で返済が出来るならば任意整理を選択し、それが無理ならば個人再生か自己破産を選択する事になります。債務整理の方法についてはこのように支払いの意志と能力があるかどうかによって決まって来ます。

 

借金を払うのに疲れたという時は、まず払い過ぎた借金の利息を返還してもらい、それから今後の事を判断する事になります。支払いの能力が無い場合には自己破産をする事で今までのような借金の取り立ての心配がなくなり、精神的にも楽になります。会社から支払われた給料も今後は全て使えるようになります。

 

ただし、債務整理をする事により5年から7年は新たな借金をする事ができない事や、クレジットカードを持つ事ができなくなります。信用情報に記録をされる事は債務整理のデメリットと言えますが、それでも借金から解放されるという事は、大きな事と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 


弁護士法人サルート法律事務所で無料債務整理相談はここから