債務整理 住宅ローン

債務整理後の住宅ローンは組めて家は残せるの?

 

「借金の債務整理をしたいけど、住宅ローンを組みたい」、「せっかく買った家を手放したくない」と、住宅が理由で債務整理を迷っている方の話をよく聞きます。実際のところはどうなのでしょうか。

 

まず、借金の債務整理後だと、住宅ローンを組む際に影響があります。住宅ローンを組む際には、金融機関は本人の信用情報(つまりブラックリストに載っているかどうか)を参照して融資を行うかどうかを判断します。任意整理を行ったことも信用情報に掲載されますので、審査を通りにくくなってしまいます。

 

ただし、信用情報は一生残るというわけではありません。信用情報に掲載された「任意整理を行った」という情報は、5年経つと消えます。そのため、5年経過後は住宅ローンを組める可能性があるということです。ただし、住宅ローンの審査に通るには、他にもさまざまな条件をクリアしなくてはいけませんので、信用情報から任意整理のことが消えた後でも審査に通るかどうかは確実ではありません。

 

すでに家を買って住宅ローンを支払っている方の場合はどうなのでしょうか。自宅を手放すしかないとあきらめている方がほとんどですが、待ってください。「個人再生」という方法をとることで、住宅ローン以外を任意整理することができ、家は残せるのです。

 

個人再生とは住宅を手放すことなく、借金を整理する事が出来る方法で、住宅ローン以外の借金について、原則、借金の5分の1を支払うことで残りの借金を免除してもらうということができます(住宅ローン以外の借金の5分の1については、原則3年間で支払いを行うことになります)。この制度を利用すれば住宅を持ったまま借金を減らすことができるのです。

 

ただし、個人再生を利用するには法人ではなく個人でなくてはなりませんし、債務総額が5000万以下であること、将来において一定の収入を得ることが見込まれることなどの条件があります。

 

個人再生では住宅を残せますが、自己破産は残せないことになります。住宅をどうしても手放したくない場合は、個人再生について検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まずは無料のメール相談からされてみるのが解決への1歩です

 

詳細はここから

 

 

 

 


弁護士法人サルート法律事務所で無料債務整理相談はここから