債務整理後のローン

債務整理後のローンは組めるのか?

 

債務整理をすると、その後は一切ローンが組めなくなってしまうと思っている方は多く
そういった事を理由に、借金問題から法的に抜け出せる唯一の手段である債務整理を行なえずにいる方が非常に多く、そうこう考えているうちに借金が膨らんでいくという悪循環に陥っている方が沢山いるのです。

 

そのような状況では、債務整理を行なわなくともローンは組む事が出来ませんし
たとえ小額ローンであっても、債務状況が良好でないと言う理由でローン利用を拒否されます。

 

それどころか残すところは自己破産しかなくなってしまいますから
そうなる前に、自己破産以外の債務整理を行ない借金を少なくして
その状態から脱出する事を考えるべきであります。

 

自己破産を行った場合は、7年以上はローンを組む事が出来ない、状況によっては年数が経ってもローンを組む事が出来ないと言う事も十分に考えられます。

 

自己破産以外の債務整理後、5年もあれば債務整理を行なったという情報が消費者金融や
ローン会社が共有している情報機関から抹消されますから
5年経過し、情報機関から情報が抹消されればその後にローンは組めるようになります。

 

5年間もローンが組めないと悲観する必要はありません。

 

5年間、生活を立て直すことを第一に質素な生活を過ごしていれば良いのです。

 

5年間はローンを利用したくても利用出来ない状況にありますが
日数が経過すれば解決する事ですし、登録情報が抹消される頃には
ローンの必要がない生活を送れている可能性も十分にあります。

 

債務整理後にローンは組めるのか?と言う事がネックとなっているのであれば
まずは法律の専門家に相談をしてみる事をおすすめします。

 

法律の専門家の話を聞けば、債務整理を行なう事のメリットをきちんと理解する事が出来るようになりますし、必要性も十分に理解出来ます。

 

5年はブラックリストにのるのですが、その間ローンが組めないくらいで
他に大きなデメリットはありませんし、知人や友人、近い人に知られる事もありません。

 

 

 

 

まずは無料のメール相談からされてみるのが解決への1歩です

 

詳細はここから

 

 

 


弁護士法人サルート法律事務所で無料債務整理相談はここから