債務整理後 クレジットカード

債務整理任意整理後クレジットカードは作れるの?

 

債務整理後は、クレジットカードの新規発行が一定の期間出来なくなるだけでなく
キャッシングやカードローンなども利用する事が出来なくなります。

 

その理由は、事故情報が信用情報機関に載るからです。

 

事故情報が信用情報機関に載る事で、クレジットカード会社や消費者金融カードローン会社、銀行など
信用取引を行なっている所からの信用は0になり、信用取引が行なえなくなります。

 

クレジットカードは5年〜7年は作れないですし
同じようにキャッシングやカードローンも利用する事が出来ません。

 

クレジットカードで生計費を決済している方も多いですから
使えなくなるのは困る!と言う方も多いのですが、与信チェックが行なわれない限り
使用しているクレジットカードは使い続ける事が出来ます。

 

しかし与信チェックが行なわれれば、信用情報機関の登録情報がチェックされるわけですから
お手持ちのクレジットカードは、やがて使えなくなってしまいます。

 

新規クレジットカード発行は以ての外です。

 

こういったものが使用出来なくなる事で、債務整理はデメリットが多いという認識を持ってしまう方も多いのですが、債務整理のメリットもあるのです。

 

債務整理を行なう事により、多額の借金の支払を0にしてもらえたり、持ち家を処分する事無く借金を処分出来るなど借金による負担が軽くなると言うメリットがあります。

 

借金が軽くなり、滞納する事がなくなれば取り立ても完全に止まりますから精神的な余裕も出来ます。

 

精神的な余裕に加え、債務整理を行なう前より金銭的な余裕もでますから
心の余裕が出来、債務整理前よりも快適な生活が送れるようになる事は明らかです。

 

債務整理後の生活は、思っているように苦しいものではなく
借金に悩まされていた方の場合、負担が軽くなるわけですから楽になれるのです。

 

一定の期間、クレジットカードが作れない、使えないというメリットを受け入れるだけで
借金の負担が軽くなるわけですから、こんなメリットはないと言えます。

 

 

 

まずは無料のメール相談からされてみるのが解決への1歩です

 

詳細はここから

 

 

 


弁護士法人サルート法律事務所で無料債務整理相談はここから