債務整理 ブラックの期間

債務整理後のブラック信用情報の期間はどのくらい?借り入れはできるの?

 

 

債務整理を行なう事により、信用情報機関の登録情報に債務整理を行なったという履歴が登録されてしまいます。

 

信用情報の期間は長く、数日で登録が抹消される事はありません。

 

この情報が抹消となるまでに掛かる期間の目安ですが5年〜7年といわれていますが
それ以上に掛かる事もあります。

 

信用情報機関に事故情報が登録されることを世間ではブラックにのる、ブラックになると言っています。

 

ブラックリストと言うリストはなく、各信用情報機関の事故情報のことを
ブラックリストと呼んでいるのです。

 

 

債務整理を行なって、信用情報機関に事故情報が登録されると
どんなデメリットがあるのか?と言うと債務整理後の借り入れは
信用情報機関の事故情報が抹消となるまでは行なう事が出来ません。

 

債務整理を行なって、借金のない快適な生活を送れている場合で
金銭的な余裕があったとしても、一般的な消費者金融では信用情報機関に事故情報が登録されているようでは見向きもしてくれませんし、たとえ申込みを行なえたとしても審査に通過する事はありません。

 

キャッシングやローンが利用出来ないと困る事と言えば、大きなお買い物をする時などです。

 

債務整理後、購入制限を設けられる事もありませんから
何を買うのも自由ですし、余裕があるのであれば自動車やマイホームだって購入する事は可能です。

 

しかし、お金を借りる事が出来ないわけですから、支払方法の選択肢は与えられず
現金一括払いしかなくなってしまいます。

 

現金一括払いでなら購入する事は出来ますが、債務整理後そこまで大きなお金が
すぐに入ってくるということは考えにくいですし、退職金など大きな金額の入金が考えられる場合、そういったものも一部徴収となります。

 

何を購入するにも5年〜7年の間は現金一括払いと言う事を理解し
キャッシングやローンに頼らない生活を送らなくてはなりません。

 

借金による負担が軽くなれば、キャッシングやローンを頼る必要がなくなりますから
大きなデメリットではないと言えます。

 

 

まずは無料のメール相談からされてみるのが解決への1歩です

 

詳細はここから

 

 


弁護士法人サルート法律事務所で無料債務整理相談はここから