任意整理デメリット

任意整理のデメリット

 

任意整理のデメリットとはまずブラックリストに掲載されてしまうということです。

 

ブラックリストに掲載されてしまうと5年間岡の借り入れはできませんしクレジットカードは作れません。

 

そして住宅ローンや車のローンを組むこともできません。

 

 

弁護士に任意整理を依頼する場合は債務や資産のすべてを洗いざらい話すことが大切です。
依頼者の中には債務の一部しか話さずに他の業者には今までどおり支払い続けるというケースがあります。

 

これでは債務の処理を終えても他の業者への支払いがふくらみ、再び債務整理が必要となってしまいます。
借金は銀行や友人からのもすべて話すことです

 

受任後、弁護士は任意整理であれば分割返済などの整理案を作成するために毎月いくらの支払いが可能かを検討します。

 

このために毎月の収入、生活費などの必要経費、その後に残る金額でどれくらい返済できるかなどを聴かれますが多めに答える人もいます
これでは債務者の言葉を信じて弁護士がこれなら大丈夫という債務整理案を作っても支払いが困難となり、
債務整理はすぐに行き詰まってしまいます。

 

 

しっかりと正直に弁護士に伝えて相談するのことが解決への第1歩となります

 

 


 

任意整理のデメリット関連ページ

任意整理のメリット