民事再生デメリット

個人民事再生のデメリット

 

要件ができない、今後借金ができない他の債務整理と比べて手続き期間が長いことにあります
そして任じ再生をした旨が官報にのりますがばれることはないでしょう

 

個人民事再生は今の生活基盤を生かしながら債務整理をしてく方法です

 

 

民事再生の手続きは書類が本当に多くて、個人でやるのは大変なことです

 

個人再生委員が選任された場合には、個人再生委員への報酬として裁判所へ20万円程を納付しなければなりません

 

 

個人再生は個人債務者の再生手続きで多額の借金を抱えて個人が経済的に困っているが将来継続的に収入が見込まれる場合に
将来の収入から一定額を一定期間を支払うことにより残りの支払いの免除を受ける手続きです

 

従って破産することなく住宅ローンを抱えた個人債務者が住宅を手放さずに再生できるメリットがあります
貸金業者からの債権の取り立ては債権者が個人再生の申し立てをした旨の通知をうけたあとにはできなくなります