個人民事再生

個人民事再生記事一覧

個人民事再生とは個人再生は裁判所の手続きにより借金を減額してもらい一定期間払いづけることにより、破産せずに経済的に再生を果たすことを目的としたもので小規模個人再生と給与所得者等再生があります減額された借金を原則3年間で分割して返済していきます。平成15年の個人再生の申し立ては2万3612件です住宅ローンを除く借金が5,000万円以下で、今後も一定の収入が見込まれれば手続きをすることが可能です。法人...

個人民事再生のメリット個人民事再生のメリットは任意整理よりも減額できる破産と違い、ギャンブルや浪費等があっても不許可とならない住宅等の財産を守る事ができるケースがある個人再生できる人は債務額が3000万以下で将来継続的に収入の見込みがある人に限られています特定調停や自己破産との違い個人再生と特定調停との違いは特定調停が調停という性質上、債権者の合意がなければ支払いの一部免除や返済期間の延長をしても...

個人民事再生のデメリット要件ができない、今後借金ができない他の債務整理と比べて手続き期間が長いことにありますそして任じ再生をした旨が官報にのりますがばれることはないでしょう。 個人民事再生は今の生活基盤を生かしながら債務整理をしてく方法です民事再生の手続きは書類が本当に多くて、個人でやるのは大変なことです個人再生委員が選任された場合には、個人再生委員への報酬として裁判所へ20万円程を納付しなければ...

給与所得者等再生とは給与所得者等再生手続きが利用できる人は小規模個人再生の要件<住宅ローンをのぞく負債が3000万円をこえない>に該当する人のうち、給与、または給与に値する定期的な収入を得る見込みがあり、かつその額の変動の幅が小さいと見込まれる人です給与所得者等再生は民事再生の特則である小規模個人再生のさらに特則といえるものでこの給与所得者等再生を利用できる人は小規模個人再生も利用できますが給与所...

小規模個人再生とは小規模個人再生は小売店や農家など継続的にまたは反復して収入を得る見込みがあり、負債額が3000万円(住宅ローンなど抵当権で担保されている負債は除いた額は除く)を超えない個人債務者を対象されますアルバイトや年金でも個人再生は手続きはできるので専門家へ相談してみましょう小規模個人再生では、法律で定められている最低限返済しなければならない金額か、財産の合計金額のどちらか多い方を返済して...

住宅資金特別条項とは住宅資金特別条項は住宅ローンの返済で困っている人が利用できます再生計画の認可の見込みがあれば競売手続きへの中止命令が出されるので住宅は確保され、他の債権は減免をうけながら住宅ローンについては減免なしの弁済計画に従って返済しますただし住宅ローンの減免はありません住宅ローンの返済が滞ると最終的には抵当権が実行され競売にだされますこんな事がないように住宅資金貸し付け債権の特別条項をお...