民事再生メリット

個人民事再生のメリット

 

個人民事再生のメリットは

 

  1. 任意整理よりも減額できる
  2. 破産と違い、ギャンブルや浪費等があっても不許可とならない
  3. 住宅等の財産を守る事ができるケースがある

 

 

個人再生できる人は債務額が3000万以下で将来継続的に収入の見込みがある人に限られています

 

特定調停や自己破産との違い

 

個人再生と特定調停との違いは特定調停が調停という性質上、債権者の合意がなければ支払いの一部免除や返済期間の延長をしてもらうことができないのに対して個人再生では裁判所の決定こうした一部免除や返済期間の延長がなされます

 

自己破産との違いは自己破産とは一定の生活に必要な財産以外は破産管財人によって差し押さえられ、処分換金され債権者に配当されるのに対して
個人再生では財産を失うことはありません

 

しかし自己破産では免責を得られれば借金は免除になりますが民事再生では
再生計画に従って減額された一定の金額を支払っていくことになります