住宅資金特別条項

住宅資金特別条項とは

 

住宅資金特別条項は住宅ローンの返済で困っている人が利用できます
再生計画の認可の見込みがあれば競売手続きへの中止命令が出されるので住宅は確保され、他の債権は減免をうけながら
住宅ローンについては減免なしの弁済計画に従って返済します
ただし住宅ローンの減免はありません

 

住宅ローンの返済が滞ると最終的には抵当権が実行され競売にだされます

 

こんな事がないように住宅資金貸し付け債権の特別条項をおくことにより、生活の基盤である住宅をを確保し、
住宅ローンの返済猶予、延長により再生を図ることを目的とする制度です

 

従ってこの制度を活用する場合は再生計画に特別条項を設ける方法で行われます

 

住宅資金特別条項の内容

住宅資金貸し付け債権の特則により、住宅ローン返済に困っている場合には再生計画の別枠で
住宅ローン特別条項を定めることができます

 

特別条項には
期限の利益を回復する特別条項
最終弁済期を延長する特別条項
元本の一部の弁済を猶予する特別条項があります

 

住宅ローンと弁済計画

住宅ローンの弁済については再生計画の特別条項で定めた内容に従って返済していきます
住宅ローンの減免をうけることは原則としてありませんので注意してください
ただし債権者の個別の書面による同意をえた場合には遅延損害金について免除をうけることができます