学生借金

学生借金返済できなくて困ったときは債務整理

 

 

銀行や消費者金融会社のカードローンを利用する時にそれぞれの会社が条件としている事は、過去に金融事故を起こした事のない方ならば「2つ」のみとなっています。それは20歳以上である事と安定した収入がある事です。その条件に当て嵌まる方ならばパートやアルバイトの方も借入れ可能となります。

 

アルバイトでも安定した収入がある事で利用が出来るという事は、20歳以上の学生もその対象に入る事ができる事になります。しかしながら学生も銀行や消費者金融の利用ができるものの、学生の本分はやはり「勉強」である為に授業を受ける事や試験を受ける事は必須となります。

 

授業を受けたり試験の為の勉強をする時、または就職活動をする時、論文を作成する時等、時にはアルバイトが出来ない時期もあるのではないでしょうか。そんな時に借金をしていた場合には借金返済できないという事になる事もあるでしょう。

 

そのような事態となった時、誰かに頼る事ができれば一時的に返済金を用立てて貰ったり、または肩代わりをして貰う事も出来るのかも知れません。それでもそのような人が居ない時、誰にも頼りたくないと考えた時には、当然返済を継続して行く事は困難となります。

 

そんな時には弁護士に債務整理相談をする事をお勧めします。学生の身分で弁護士に相談をする事は敷居が高いと敬遠をされる事もあると思いますが、もしかしたら今まで返済をして来たお金の中で過払い金が発生しているかも知れません。そして無料メール相談が24時間できる弁護士事務所も多いです。

 

過払い金とは利息制限法の上限利率を超えた利息の事で、15%から20%までの金利しか支払う必要は無いのですが、その金利を超えて利息を支払っている可能性もあるようです。本来支払う必要のない利息を支払っている場合は返還をして貰う事ができるのです。

 

過払い金が戻ってくるという事は、今後支払う利息が減額されたり元金自体が減る事にも繋がるようなのです。借金返済できない事で悩まれている学生の方は弁護士に債務整理相談をする事で、過払い金が戻ってくる事で今までの返済の負担を軽くする事ができます。

 

 

 

 

 

 


弁護士法人サルート法律事務所で無料債務整理相談はここから